So-net無料ブログ作成

保育園受かったけど、日本◯ね。 [日記]


運がいいことに、保育園の4月からの受け入れの当選通知が来ました。
一度落選した上での繰り上げ当選。
まだまだ月齢が低いので預けることが躊躇われますが、保育園に入れる最初で最後のチャンスと思い、入園を決意しました。

ニュースではよく話題になっていますが、待機児童が問題になっています。実際に自分が直面してみないとわかりにくい点を簡単に列挙します。

・保育園の選考は市区町村単位
隣の区でも受けられますが、同じ区に住んでいる人が優先されるため、受かることはまずありません。区界に住んでいて、隣の区の駅に通っていて、その駅の近くに保育園があったとしても入れません。

・選考基準に希望順位は関係ない
普通に考えたら、第一希望で申し込んで来る人が優先されるように思えますが、ここが選考基準に一切入って来ません。

・選考基準の大部分を占めるのが両親の過去の勤務時間の実績
子供を預けて、新たに仕事を始めたいと思っても過去の実績で評価されるため、預けられません。
また、この勤務時間というのも多くの共働き労働者が同じ基準で評価されるため、選考となるボーダーライン上に大多数の人が集中します

・同点の場合の合否基準がグレーゾーン
ここが一番良くないのだと思いますが、同点の場合の選考基準が明確になっていません。収入が少ない順とか、両親の年齢の若い順とかそういう基準がありません。

そんなわけで、抽選でも、明確な選考基準があるわけでもないものに多くの人が殺到し、希望しているわけでもない保育園に行政が割り当てていく、というのが今の保育園の事情です。
悪いのは立法機関か行政機関か…

そんな中、我が家は運良く繰り上げ当選しました。こんなご時世に繰り上げ当選したのは、申し込んだ先が東京都認証保育所だからです。これまでの話は認可保育所で、そもそもの申込先が異なります。

認証と認可。名前は似ていますが性質は全く異なります。

・基本は私立。保育料は高いけど、上限あり。
認可の保育料は収入に応じて上下しますが、認証は保育園が保育料を決められます。私立といっても行政が補助してくれるので、我が家は認可より1万円くらい毎月多く支払う試算です。高いですが、共働きするのなら仕方ないのかなと諦めてます

・選考基準は保育園が決められる
私が申し込んだところは抽選でした。
と言っても相手は民間企業。目の前でくじを引いてもらったわけではないので、近くに住んでいるか、どんな親か、希望して入って来るのか、など隠れた選考基準があると私は思っています。

東京都認証保育所は、入りたかったら自分で足を運び申し込む必要があります。ここがポイントで、人目につきにくい、隠れた優良保育所は探せば出て来ると思います。実際に当選した場所は、私から見れば良い立地にある保育園ですが、大多数の人からはわざわざ見にいくのも躊躇う辺鄙な場所にあるように思えるので、倍率が低く、結果当選できたのだと思っています。

今後東京で共働きを希望して生活していきたいのであれば、どの家に住むのかだけではなく、どの街に住むのかしっかり考えることをオススメします。
タワーマンションが乱立している地域は危ないよ!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。